Pan&(パンド)

【1】急速冷凍した新鮮なパン
  焼きたての状態を-45°Cの急速冷凍庫で一気に凍らせて、鮮度を閉じ込めています。
  急速冷凍することで、あの焼きたて直後の薄いパリッとしたクラスト(表皮)と、みずみずしく、もっちりとしたクラム(中身)の食感が、
  そのままの状態でキープされます。

【2】こだわりのプティサイズ
  こだわりの食感を生み出す理由が、可愛いプティサイズにあります。
  このサイズのパンは、窯の中で一気に火を通すことができ、発酵による旨みを閉じ込めた、絶妙な食感のパンに焼き上がります。
  テーブルを華やかに彩るプティパンは、食にこだわりを持つシェフからも愛用されています。

【3】オリジナル酵母 「桐生酵母」
  独自の研究機関として「桐生酵母研究所」を設けて、オリジナルの自家製酵母を培養しています。
  強い風の吹く街、群馬県・桐生市で生まれた「桐生酵母」は、パン生地の保湿性に優れ、しっとりと柔らかなパンに仕上がります。

【4】素材へのこだわり
  ●国産小麦
  「パンの味は小麦味」使用する小麦粉は地域の製粉会社と契約して、群馬県産の小麦粉を主体とする国産。
  焼き上がったときの芳醇な香りと、粉の香ばしさのバランスが良い小麦粉が選ばれています。

  ●平窯で炊き上げた国産天日塩
  パンづくりにとって塩の選定は「どのようなパンにしたいのか?」を決める思想的な部分。
  国産小麦に合う塩を吟味した結果、昔ながらの平窯でじっくり炊き上げた、海の塩にたどり着きました。
  高知県室戸沖の海洋深層水を使用した平窯結晶塩です。

【5】低温長時間熟成製法
  日本では昔から味噌や醤油、酒などの酵母を使った食品は、冬の寒い時期に仕込む習慣がありました。
  それは厳しい冬の気候が酵母の性質を生かし、美味しくまろやかにすることを知っていた先人の知恵でした。
  パンづくりでも、現代版寒仕込み「低温長時間熟成製法」が採用されています。
  それはまだイーストが発達していない1950年代以前、フランスの田舎でお母さんが丸2日かけて作るパン。
  自然の酵母でゆっくりと育てられ、大切に育てられたパンを現代に再現した製法です。

※当ページはリンク先から情報を引用しています※

上部へスクロール